キャンプ用バーナーって何?【初心者キャンパー向け講座】

キャンプ

みなさんこんにちは!りょうやです!

最近は天気が良く気分が陽気になりがちなため、外に出たいなと思うのですが、なかなかコロナが怖くて昼間外に出ることができません笑

ただ、最近のマイブームで朝近くの河原で一人でシングルバーナーとクッカーをもって朝ごはんを食べるという朝活を行っているので、キャンプの禁断症状は何とか抑えられてますⅠ

すごくおすすめなので、少しキャンプ気分を味わいたいなという人はやってみるといいかもしれませんね!

ただ、昼間は緊急事態宣言が出ているにもかかわらずBBQをしている人たちが多くいるので、やめておいたほうがいいと思います!

雑談はここまでにして、本文に行きたいと思います!

キャンプ用バーナーってなに?

初心者キャンパーさんはバーナーという名前を聞いてどんなものを想像しますか?

きっとお寿司屋さんであぶりサーモンを作るときに店員さんが使っているあれを想像すると思います!

たしかにあれもバーナーなのですが、キャンプで言うところのバーナーは違います!

キャンプで言うバーナーとは、イメージで言うとカセットコンロの小さくなったものです!

用途としてはコンロのようにフライパンや鍋などを温めるときに使います!

また、あまり推奨はできないのですが、マシュマロを焼いたりするときにも使ったりできます!

ただ、バーナーから出る火は焚火などの火とは違って青い炎、つまり温度の高い火が出ているので日に近すぎると一瞬で焦げるので注意です!

こちらのバーナーはランタンと同じように様々な燃料を使います!

ガス、ガソリン、アルコール、灯油のものも数は少ないですがあります!

バーナーの燃料による違いはなに?

バーナーの燃料の違いって何があるの?
お客様
お客様

バーナーの燃料の違いはランタンで紹介した燃料の違いとほぼおなじと考えてもらってもいいです!

ただ、ランタンの記事の中で僕はアルコールについては特にお話していなかったので、アルコールについてだけ説明していこうと思います!

他の燃料の違いはランタンの燃料の違いで解説していますのでそちらをご覧ください!

ランタンのおすすめの燃料は?【間違えると危険!必読!】
初心者キャンパーさんやこれから燃料系ランタンを使われる予定の方々に向けてランタンに使われる燃料の種類による違いを現役アウトドアショップ店員の僕がわかりやすく解説いたします ! また、危険な使い方についても説明をしています!

アルコールバーナーとは?

 


trangia(トランギア) アルコールバーナー 【日本正規品】 TRB25

アルコールバーナーとは、名前の通りアルコールを燃料に使用したバーナーになります!

アルコールは薬局などに売っているものをそのまま使っていただければいいのですが、現在はコロナが流行っているため、入手困難になっています!

こちらの特徴として、どんなに寒くても使える最軽量のバーナーかっこいいという3点があげられます!

アルコールは火が燃える引火点というのが低く、気化する温度も低い物質ですので、基本的にどのような環境下でも使うことのできる燃料になります!

また、アルコールバーナーというのは、ほかのバーナーと違ってアルコールバーナーの中に直接アルコールを注いでそこに火をつけるという簡単なつくりであるため、非常に軽いです!

眼鏡ケースよりも軽いかなというくらい軽く、また小さいので非常に持ち運びも便利になります!

最後のかっこいいという特徴ですが、これは男性キャンパーさんがよくこのように思う傾向があります!

アルコールバーナーは非常に武骨な見た目をしているので、かっこいいと思われることが多く、また玄人のキャンパーさんが使う印象があるためこのように思われやすいです!

アルコールバーナーは非常に便利で使い方も簡単なのですが、火力がすごく弱いという弱点があります!

とにかく火が弱いです!笑

500mlのお湯を沸かすのに、30分くらい平気でかかります!

また、アルコールバーナーには五徳という鍋などをのせるパーツがないので五徳を別で買わないといけないというデメリットもあります!

これらのデメリットが非常に大きくあまり使われないというのが現状ですね!笑

シングルバーナーとツーバーナーの違いって何?

さて、燃料による違いについては皆さんある程度分かったと思うので、次はシングルバーナーとツーバナーの違いについて説明したいと思います!

こちらの違いは非常に簡単で、一口あるのか二口あるのかという違いだけです!

  • シングルバーナー バーナー部分が1口
  • ツーバーナー   バーナー部分が2口

本当にこれしか違いがありません!

しいて言うならツーバーナーはシングルバーナーの何倍にも大きくなるということですね!

ただし、ガソリンを使うバーナーを使う際には注意をしてほしいのですが、ガソリン系のツーバーナーの場合1つ目のバーナー部分で使われず余ったガソリンがもう片方のバーナー部分の燃料になるという作りをしているので、どうしてももう片方の火力が低くなってしまいます!

何かを温めておくというレベルならばこれは大した問題にはならないのですが、煮込み料理を同時にやりたいという場合などにはガソリン系ツーバーナーは使えないのでそういった料理をしたい場合はガス缶のツーバーナーを使うことをお勧めします!

シングルバーナーの種類

シングルバーナーですが、こちらはバーナーの大きさ以外に一体型分離型という種類ごとによる違いがあります!

それらの種類の違いを説明していきましょう!

一体型

 


ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

こちらはガス缶とバーナー本体が一つになったタイプのものになります!

こちらは非常にコンパクトでポケットに入ってしまうくらい大きさになります!

ただし、一体型のバーナーはバーナーの下にガス缶を置かなくてはいけないという性質上高さが非常にでてしまうので長時間の煮込み料理などにはあまり向いていません!

また、大きな鍋などを上に置いてしまうと下のガス缶が暖められて非常に危険なので、あまり大きなクッカーで長時間の料理にはあまり向かないという特徴があります!

コンパクトになる
安定しない
長時間調理に不向き
大きなクッカーは使えない

分離型

 


SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION Trek(フュージョントレック) SOD-330

こちらは名前の通りバーナー部分とガス缶が分離しているものになります!

バーナー自体はガスを供給するための管が付いているので大きくなってしまうのですが、一体型のバーナーとは違いガス缶が離れているため煮込み料理などを長時間することもできますし、大型のクッカーで料理をすることもできます!

また、バーナーの下にガス缶がこないので高さがでません!

なので、安定した場所でした調理ができます!

安定している
長時間調理に向いている
大きなクッカーも使える
大きさが大きくなる

初心者は何のバーナーがいいの?

初心者の方が選ぶべきバーナーはガス缶タイプのものでシングルバーナーなら一体型、ツーバーナーならツーバーナーを普通に買うのがいいと思います!

なんで一体型なの?と皆さん思ったかもしれませんが、一体型はガス缶とつないでしまえばすぐに完成するので非常に操作が簡単なんです!

ちなみに僕が使っているのもシングルバーナーの一体型です!

僕はカップラーメンなどのインスタント食品しか食べないのでこちらを選びました!

ただ、もし本格的な料理をやってみたいということであれば分離型を買ったほうがいいですね!

最後に

みなさんバーナーに関する知識深められたでしょうか!

言い忘れたのですが、燃料もブランドでそろえられるものはブランドでそろえてください!

ランタンと同じで事故が起きた場合保証をどこからも受けられなくなってしまいます!

ですので、しっかり注意して使いましょう!

バーナーはキャンプギアの中でも僕は一番かっこいいギアだと思うので、ぜひこだわって選んであげてください!

変形して火が出るなんてすごいカッコ良くないですか?

みなさんが楽しんでキャンプ料理をできるのを願っています!

最後までご覧いただきありがとうございました!

素敵なキャンプに行ってらっしゃいませ!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました